人間の場合は口臭対策としてガムを噛む人がいますが、果たして犬の場合でも同じような効果を得られるのでしょうか。

 

犬が使用するガムの多くは骨の形をしているものが多いです。
何故このような形になっているかと言いますと複数の理由があるそうですが、骨についた肉を食べている感じがするそうです。
それにゴツゴツとしたものが歯に当たると心地よいらしく、それが歯磨きの代わりにもなっていて問題のない行動と言えます。

 

一般的に犬は骨が好きと言われていて、この骨の形をしたガムを噛むことによって歯磨きを行ない、歯垢を除去しています。
歯垢を除去しているということは腔内の口臭の原因を除去していることになりますので効果があると言えるでしょう。
原因が病気から来ている場合だと臭い対策にならないですが、歯の汚れから来るものだとガムは十分に対策になります。

 

口臭対策ガムを使用する時の注意点になりますが、骨の形状や大きさにもよりますけど骨をのどに詰まらせてしまう危険性があります。
なかには詰まらせて死んでしまう犬もいますので骨を与える時は誰かがそばにいる状態の時に与えるようにしてください。
骨の形をしていると言いましても噛んでいるうちに小さくなっていきますから、小さくなるとそのまま飲みこんでしまう可能性がありますから取り上げてしまいましょう。
骨は歯磨き代わりでいくら小さくなったとしても尖ったものですから大変危険なのです。

 

そしていくら歯磨き代わりと言いましても本来の歯磨きはサボらずに行なうのが効果的になります。
骨を食後に与えることで食べかすや歯垢をある程度除去することが可能ですが細かい部分までは難しいです。
そこは人間の手で歯磨きをしてあげることが大切であり、長く健康にいるためにも必要なことになるでしょう。

 

このように基本的には口臭対策として効果がありますが、それだけでは不十分と言えるかもしれません。
臭いを何とかしたいというだけでしたら良いのかもしれませんが、口の中を清潔にするといった観点から見れば歯磨きは欠かせませんので、ただ与えるだけでは良くありません。
もちろん全く意味がないということはありませんので、本来の歯磨きや歯に付きにくい食事といったものと併用する形で使用することによって効果が最大限発揮できると言えるでしょう。

 

今はたくさんのものが販売されていますので、健康のためにもその中から犬が気にいるものを探して与えてやってみてください。

 

≪トップページに戻る≫